ページトップへ

パフォーマー専門プロダクション | 超人プロ

パフォーマーサーチのお知らせバナー


ニュース&トピックス-News & Topics-

過去のニュース

ニュースアーカイブへのリンク

芸能界特技王決定戦TEPPENベンチプレス(体重8割ルール)で109回の世界記録を出した武田真治の凄さ

2020-09-08

62Views

芸能界特技王決定戦TEPPEN 2019 冬の陣のベンチプレス競技 (体重8割ルール)で、無敵の強さを見せた武田真治の大記録109回を超えられる人間は果たして芸能界にいるのか!?

1年前のTEPPEN 2019 夏の陣で行われたベンチプレス対決では、芸能人はおろか一般人ですら超えられない武田真治のあまりの強さに「一律50kgのバーベルを持ち上げる」ルールに変更になったが、このルールでは体重が重く、筋肉量が多い挑戦者のほうが圧倒的に有利で、56kgの武田真治以外は、79kg~103kgと重量級ばかりの対戦者の中で2位と化け物ぶりを証明したが、ベンチプレスTEPPENの座はニューフェイス横川尚隆に奪われた。

そして敗戦後に次回開催のTEPPENベンチプレスで、体重8割ルールでのリマッチを宣言しました。
芸能界特技王決定戦TEPPENベンチプレス
 

 

横川尚隆は (体重8割ルール)で、武田真治に勝てるのか?
何故なら現役のボディービルダー日本チャンピオンであり筋トレの天才を持ってしてバケモノ」「日本で勝てる人いないと言わしめたからだ。
芸能界特技王決定戦TEPPENベンチプレス競技 (体重8割ルール)で109回の記録を出した武田真治の凄さ芸能界特技王決定戦TEPPENベンチプレス競技 (体重8割ルール)で109回の記録を出した武田真治の凄さ
・TEPPEN 2019 冬の陣のベンチプレス対決では、体重が重い人には不利な「体重8割ルール」で、体重の軽い武田有利のルールだと言われた。
・TEPPEN 2019 夏の陣のベンチプレス対決では、体重が重い人には有利な「一律50kgルール」で体重の軽い武田不利のルールだと言われた。 

 
上記を踏まえ、今一度両者の戦いのデータを比較してみよう。
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
武田真治DATA(体重56kg)
TEPPEN2019冬の陣 体重の80% バーベル44kg 109回
TEPPEN2019夏の陣 体重の90% バーベル50kg 71回

横川尚隆DATA(体重79kg)
             体重の80% バーベル63kg  ??回
TEPPEN2019夏の陣 体重の63% バーベル50kg  84回
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

武田真治は重量が10%UP(6kg)上がると、回数が38回落ちた。
横川尚隆は体重の63%で84回の記録だったので、仮に体重79kgの8割で勝負する場合は63kgのバーベルとなり重量が17%UP(13kg)重くなり27%もの差が発生する為に、大幅な減量をしたとしても84回を超える事はほぼ不可能で横川尚隆の苦戦が予想される。

体重8割ルールの勝負では、武田真治はバーベルが6kg軽くなり、横川尚隆はバーベルが13kg重くなり、夏の陣での悔しさもあるので自己記録更新110回以上を必ず目標に狙ってくるはずだ。

視聴者の予想を裏切るには何が必要か!?

YouTubeチャンネル 武田真治のSHINJI TAKEDAの【100の質問】新婚さん武田真治47歳を質問攻め!!で、「人に負けない所は?」という質問の回答が”TEPPENに出場しベンチプレスで109回の記録を出した”事だった。

「上には上がいると思っている」と謙遜してはいましたが、OAから1年7ヶ月経った今も誰にも抜かれていない記録である事実が武田真治の凄さを証明している。

体重8割ルールでは、武田真治がまた無双する事はTEPPENの視聴者なら誰もが想定内なので、他の出場者が100回以下の記録では最後に登場する武田真治の勝利が容易に想像出来てしまう。

予想を裏切るには100回の大台を超える未知の実力を持ち視聴者を驚かせる事が出来る想定外の
ダースホースを番組スタッフが発掘する必要がある。
無敵の武田真治を脅かす好敵手(ライバル)の存在を登場させる事で更に高い次元での勝負を演出し番組を盛り上げるのだ。

 

武田式ベンチプレスの分析で分かった4つの常識破り
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
①バーベルを上げ下げするテンポが常識破り
胸上での休憩を入れない連続での挙上は87回だったが、1回挙げるのに要した平均時間は約4,2秒に1回のテンポだった。
恐ろしい位のスローテンポは、筋肉の緊張時間も長く「スパンスパン」とハイスピードで飛ばす通常のやり方に比べて回数が落ちるのが運動生理学の常識。
シャフトを挙げるのも下げるのもゆっくりとした特殊なやり方はまさに武田式の代名詞と言え誰にも真似出来ない唯一無二のスタイルだ。私も4秒に1回のテンポを練習に導入してみたが、80%の重量で連続87回は出来なかった。
0~10回 4.1秒
11~20回 4.2秒
21~30回 4.2秒
31~40回 4.2秒
41~50回 5.2秒
51~60回 4.3秒
61~70回 4.2秒
71~80回 4.4秒
81~87回 3.57秒
平均 4.287秒

②驚異的な回復力が常識破り
バーベルを上げて肘ロックで保持している3秒前後で疲労回復出来る異常な乳酸処理能力の高さ。
普通はバーベルを保持する運動はアイソメトリクス(等尺性筋収縮)なので疲労はあっても回復はしないのが常識。
更にTEPPEN特別ルールである胸の上での休憩5カウントを最大限活用出来る強靱な胸骨と呼吸筋を持ち合わせており、バーベル上げ下げの両方で回復出来る理想のエコスキルなのだ。

③弱点を強みに変える巧みな重心移動が常識破り
右腕と左腕の疲労度合いを計算しバーベルの重心の位置をずらしている。普通は左右対称が基本。
更に右腕が疲れている場合はベンチ台に寝る位置を中心から左寄りにずらしている。

右腕のストレッチが僅かに減る為に可動域が数㎝短くなるのだ。

④型破りなフォームが常識破り
横川のような大きなアーチブリッジは、ほとんどのベンチプレッサーが使っているセオリーな型でバーベルと胸の可動域が縮まり回数を稼げる有利なテクニックだが、短期戦向けのパワー型フォーム。
武田真治のような8分を超える長期戦の場合は、足台を使って背中をベンチ台に付けるベタ寝のスタミナ型フォームの方が適している。
グリップの握りが一般的なサムアラウンドグリップでなく親指を使わないサムレスグリップなのも驚きだ。
私もサムレスグリップでチャレンジしてみたが、バーベルを強く握り込まないのでより掌側に負荷が乗り得意な腕立て伏せに近い感覚で行えたのだが、TEPPENのルール下では回数がサムアラウンドグリップほど伸びなかったので、バーベル落下の危険も伴うサムアラウンドで109回出した武田真治はやはり規格外の男だと感じる。
 +・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

 

武田真治と挑戦者との圧倒的な力の差が埋まらない限り、体重8割ルールの企画は不滅の世界記録として殿堂入りし終了しかねない。
TEPPENベンチプレスの一ファンとして筋肉企画のプロフェッショナルとして体重8割ルールを復活させるべく動きます!

Tag: ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  , 

Comment : 0

コメントを残す